デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close
モーメントに戻る

太陽の下で…

2013年4月25日
太陽の下で
ザ・ペニンシュラビバリーヒルズのプールは、ルーフトップにあり、ロサンゼルスやビバリーヒルズのビル群を臨む洗練のすばらしい環境です。しかし、そこで働くには、体力が必要かもしれません…。

毎日、平均150人の方がザ・ペニンシュラビバリーヒルズのプールを訪れ、サンラウンジャーやプライベートカバナで有名なカリフォルニアの太陽を楽しみます。つまり、少なくともプールスタッフ10名とプールボーイ4名が常にデッキにおり、人気メニューの、ざくろのモヒートやフィッシュタコスなどをキッチンからプールサイドのゲストまで休む暇もなく運んでいることになります。

プールスタッフは正午になると、フローズングレープやホームメイドのヨーグルトないしフルーツポップ、スムージー各種、チョコレートガナッシュポップ、フローズンドリンクといった、バラエティに富んだ無料のリフレッシュメントを運び、真昼の太陽を浴びるゲストが爽やかに過ごすお手伝いをいたします。




このページの先頭へ